代表挨拶


安保商店

TRUST is our TREASURE ~信頼が我々の財産~

当社は、先代の安保康夫・紀子夫妻が中心となり昭和34年に海産物問屋を買収し創業いたしました。

その後、昭和36年に海運業、さらには昭和44年に外航海運業へ進出し船主業を営み、2009年に50周年を迎え今日に至ります。

その間、プラザ合意後の急激な円高など苦しい時期もありましたが、現在当社グループにて約30隻という規模の船腹まで成長・維持することが出来るようになりました。

当社は、一定規模の定期傭船も維持しながらも裸傭船をコアのビジネスとして取り組んでいます。

浮き沈みの激しい海運業特有のマーケットリスク、船舶管理上生ずるリスク等、船主業を営む上で避けられないあらゆるリスクをしっかりとアセスメントしながら堅実な経営を目標に掲げております。

この先も海運業界には困難な状況が起こり得るとは思います。

どのような状況も乗り越えられる準備を常に整えながら、今後もお取引先に信頼して頂けるような会社を目指して、船に対する思いを持って社員一丸で誠心誠意取り組んでいきます。

代表取締役社長 安保 雅文

代表取締役社長 安保 雅文


President MASAFUMI ABO